MENU
用語解説集

日歩(ひぶ)とは

かぶ自動化LABサポートデスク

日歩(ひぶ)とは

株の取引に信用取引というものがあり、必要な資金を借りることがあります。このときに生じる1日あたりの利息を日歩(ひぶ)と表し、元金に対し1日あたりどの程度の利息が生じるのかを表します。

基本的には「100円に対して発生する、1日あたりの利息の金額」として使われています。

例えば、日歩5銭という場合は100円に対して1日あたり5銭(0.05円)の利息が発生するということ。

100円   1日当たり 0.05円
1,000円  1日当たり 0.5円
10,000円 1日当たり 5円
※日歩5銭の場合

となります。

では日歩5銭で10万円を10日間借りた時、いくらの利息になるかというと

10万円÷100円×0.05円×10日=500円

なので、利息は500円となります。

日歩を年率に換算した表示した場合や、パーセンテージで表示場合もありますので
信用取引をされる時には、ぜひご確認下さい。

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました