MENU
用語解説集

VWAP(ブイワップ)とは

かぶ自動化LABサポートデスク

Volume Weighted Average Priceの略称で、高値づかみを出来るだけ避けるためのアイテムのひとつです。

日本語では「出来高加重平均価格」といい
「出来高加重平均価格」とは、その日の平均約定価格のことを指し、出来高を考慮したうえで加重平均された計算を行います。

計算式は
VWAP=当日累積売買代金÷当日累積出来高


例ば、105円で1,000株、110円で2,000株の約定の銘柄の場合
(105円×1,000株)+(110円×2,000株)=325,000
325,000÷3,000株=108円

となります。

VWAP価格で株を買えば、その日に高値で掴むことがなく、平均的な価格の取引が可能になるといわれています。

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました