MENU

BRICSにサウジアラビア加盟で世界は変わるのか?

Gohan

8月22日~24日に開催されるBRICS首脳会議が行われます。日本語ではあまりニュースになってないようですが、サウジアラビアなど加盟国が増え、BRICS新通貨の導入も進んでいるようです。

世界人口の85%が米ドルを投げ捨てる?

BRICSは加盟国の拡大が予想されています。サウジアラビア、アルゼンチン、イラン、アラブ首長国連邦などを含む22か国が正式にBRICSへの加盟を申請しており、更に20か国以上が参加の意思を示しているようです。

中でもサウジアラビアの加盟が、脱ドル化とドル覇権を巡るすべての問題の要であるとも予想する声もあります。BRICS新通貨の発行についての具体的なニュースはまだ目にしていませんが、このBRICS勢力拡大により世界的な脱ドル化の動きがこれから始まろうとしているのかもしれません。

「少しずつそして一斉に、最終的には世界人口の85%が米ドルを投げ捨てる」ことになる日が来るとの予想もあるようです。

金の争奪戦も予想される?

BRICS加盟国が発行する新通貨は金(ゴールド)に裏付けされると言われています。

2023年初頭のニュースでは、中国やトルコなどの中央銀行が金(ゴールド)を大量購入しており、2022年の純購入量は55年ぶりの高水準だったようです。その背景には、ウクライナ侵攻後の経済制裁でロシアが保有する米ドルは凍結されたように、西側諸国の経済制裁からの影響を回避でき融通が利きやすい金へのシフト起きているようです。

また、中国でも人民元建てでの原油輸入を増やすなど貿易や金融取引でもドル離れの動きがあり、基軸通貨ドルの影響力が少しずつ弱まっているらしいです。

これからの数年間は特に、現物の金(ゴールド)またはCFDを買っておくことが金融混乱への防衛策として安全かもしれません。

それにしても、この記事の中で「日本は米国政府の意向でゴールド保有を制限されているといわれています」との一節がありましたが、いかに日本が米国の支配下にあり搾取されているのかをサラッと書いてくれていて壮快でした。

基軸通貨としてのドルに変化が起きるのか?

今まではほぼ50年にわたり、世界中の石油販売の約90%がドル建てでした。しかしここにきて、世界的な気象変化、戦争などによりBRICS諸国のもつ資源や食料の価値が高まることが予想され、基軸通貨としてのドルの立場に変化が訪れる時が来たのかもしれません。

個人的にはこの変化が起きることを大いに期待しております(笑)

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました