MENU

タスクスケジューラで自動起動するシステムを変更する

Gohan

がんばってもできない場合は、サポート依頼をどうぞ

自動起動するシステムを変更する場合には下記を参照してください

タスクスケジューラで自動起動するシステムを変更する手順

①検索バーにTASKと入力しタスクスケジューラを起動します

②タスクスケジューラライブラリをダブルクリックすると、自動取引システムを起動するタスクがあるので探してダブルクリックします

③タブの「操作」から、「プログラムの開始」をダブルクリックして「引数の追加(オプション)」を開く

④自動起動するシステムを設定する(下線のファイル名を変更するだけです)

  例)xBid Proではなく「TamaSAN」を起動する場合

C:\Users\xBid2\OneDrive\デスクトップ\xBid_Pro.xlsm


C:\Users\xBid2\OneDrive\デスクトップ\TamaSAN.xlsm

⑤ついでに起動時刻も変更しましょう

⑥最後に正しくできたか確認しましょう

変更したタスクを選んで「実行」を押してみてください。

以上です完了です お疲れ様でした!

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました