MENU

ノートパソコンを半開きで快適に

かぶ自動化LABサポートデスク

ノートパソコンのカバー(ふた)を開けたまま動作しておく方が、パソコンのパフォーマンスが上がります。

私どもが設定した「専用パソコン」をお持ちの方やご自身のパソコンをお使いの方で、ノートパソコンの カバー を閉じて使っている方がいらっしゃると思います。
実際、「専用パソコン」は閉じてもスリープにならないように設定してあります。

メリットとしては、カバーを閉じてパソコンが動作するようになっていると、省スペースで保管しやすいので便利です。

ただデメリットとして、カバーを閉じるとグラフィックスのパフォーマンスが下がり、遠隔操作で操作する場合に動作が遅くなる…という状態になることがあります。

パソコンはそれぞれ個性がありますが、ごく稀にパソコンの作られた時期や設定・部品等で、カバーを閉じたまま扱っていると、遠隔操作の画面が真っ黒になってしまう場合があります。
画面は真っ黒の中、実際は遠隔操作によりパソコンの操作はしているんですが、画面が見えないので何をしているかわからない状態…になってしまいます。

こういったことが起きないよう、動作を安定させる方法としてノートパソコンのカバーを開けたまま動作さることです。

では、場所などは気にしないから、普段から開けてままにしていれば良いのでは?とも思いますが、夜中もパソコンが動作し、その間モニター画面が光ったままで眩しいです。

画面が眩しい場合は液晶の明るさを調整すれば良いのですが、それでも限界がありますし、モニターの電源を切る方法もありますが、これはあまりお勧めしません。
これは、モニター画面の復旧時にシステムを誤作動させてしまう恐れがあるからです。他にも、開けていると埃がたまったり、埃により熱暴走などが起きやすくなります。

以上を踏まえ…

カバーは閉きらずに少し開けたまま(半開き)

にして頂くと、遠隔操作にも影響がなく快適にご利用頂けます。

今までに、遠隔操作で少し動作が気になっている方や、画面が真っ黒や、岡三RSSの設定画面が表示されないなど、何かしらの現象が起きている方は、ノートパソコンのカバーを開けたまま(半開き)にして、使ってみてください。

※この方法は、絶対にパソコンが改善するというわけではありません。

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました