MENU
株価指数先物ストラテジー

Tama注文が爆益中

Gohan

たまNTに12月7日に新実装したストラテジー「Tama注文」は好調に推移しています。

 

12月7日 +91,636円

12月8日 +46,636円

12月9日 +38,000円程(決済分と保有分の計)で推移中

※動作タイミングは設定によって異なります

クリックで拡大

Tama注文の設定

まず、ストラテジー選択で「Tama注文」を選んでおきます。

クリックで拡大
  • 選択項目  基準をVWAPとEMAから選びます
  • サイン発生頻度 EMAにした方がサイン発生頻度は高くなります(※VWAPを基準にシステム設計しました)
  • パラメータ VWAPを選択した場合はパラメータ(変数)はありません。EMAの場合は5~25の間で調整

Tama注文のしくみ

ここに動作の仕組を書いてしまうと、自分を含めユーザーさんの妨げになってしまうので詳しく書けませんが、VWAPを選択した場合の動作トリガーは下記条件を満たした場合です。

上記のように、日経225MiniとTOPIXが基準から乖離した瞬間が見つかったら瞬時に注文が入る仕組みです。

ストラテジー選択について

次のように選択できます

左セクション

  • 寄り前注文
  • ザラバ注文(解除Key_Bメンバーのみ)
  • OFF

右セクション

  • Tama注文(解除Key_Bメンバーのみ)
  • 待受け注文(解除Key_Bメンバーのみ)
  • MANUAL注文
  • OFF

たまNTはロボたまメンバーさんには無料開放しています。

しかしながら、Tama注文やザラバ注文まで無料開放してしまうと「板の食い合い」になってしまいますので、解除Key_Bメンバーさんだけが使えるようにしてあります。

利益になるものもならなくなってしまいますので、この点はご理解いただく必要があります。 

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました