MENU
お知らせ(xBid)

ナイトセッション引けで決済されない原因と対処

Gohan

ナイトセッション引けで決済されない事例の報告をいただきました。引け決済の仕組み解説と決済されない原因、それと対処方法をまとめました。

xBidの引け返済注文の仕組みと返済されない原因

xBidは下記のように動作します。

  1. 引けの5分前~4分前の間にOCO注文を取り消し
  2. 引けの4分前~引け時刻の間に引け成り注文を入れます

※4分前から引けまでの間に、建玉残がないか3回チェックします

返済されない原因

  1. 通信が切断していた場合やMarketSpeedⅡ切断しまっていた場合(← コレが多い)
  2. 5:55~6:00の間にパソコンがフリーズしていたなどの場合

原因のほとんどは上記①のMarketSpeedⅡの切断です。その場合MarketSpeedⅡは自動再接続しないので注意が必要です。

また、ナイトセッションは時間が長くその分パソコンの負担も大きくなります。そのためコンディションの良くないパソコンではナイトセッション引けで返済されないケースもあります。

対処方法① 通信環境の改善

MarketSpeedⅡの推奨環境ではLAN接続となっています。しかしプロバイダや機器の関係で切断が多く発生してしまうケースもあるようです。

私は以前、YahooBBでしょっちゅう切断が発生し、で通信業者の変更で解決しました。

WIFI接続の場合、2.5G ⇔ 5Gの切り替えをやってみるのも手です。

対処方法② パソコンのコンディション改善

パソコンを終日良いコンディションで動かすことが必要です。下記を試して下さい。

One DriveやGoogleDrive、DropBoxはアンインストールする

これらのクラウド系のデータスペースに自動・定期的にアップロードされる場合にMarketSpeedⅡのデータが阻害されてしまう場合があります。自動取引専用パソコンではアンインストールする方が無難です。

WUBを入れておく

意図せずWindowsのアップデートがかかってパソコンが再起動されてしまうことを防ぐためにWUB(Windows Update Blocker)をインストールしておくことも有効です。
ただし、これを入れた場合は毎月1回は、WUBを操作してご自身でWindowsアップデートを行ってください。

WUB(クリックするとダウンロードが開始します)

③パソコンの負荷を低減するための設定をする(2か所)

  • チャート下のシステム更新時間を3秒に変更
  • ExcelのリボンマーケットスピードⅡで「各種設定」→「更新間隔の設定」で1500msに変更

引け決済されなかった場合の建玉処理

もし、何らかの理由で引け決済されない場合は、下記のように処理されます。

  • 次のセッションでxBidに設定した条件(デイセッション・ナイトセッション別の利食い/ロスカット設定)で返済注文が自動で入ります
ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました