MENU
Keiの談話室

2023年11月度の売買結果ご報告と、1億円ブログ開始前の準備事項

かぶ自動化LABサポートデスク

必要とする方に 広く・安全に

こんにちは、Keiです。

11月度の売買も終了し今年最後の月の売買が今日から始まりました。
11月の売買結果は、+¥36,080(ミニ1枚あたり)とずっと使用し続けてきた初期設定値での獲得利益最低金額でした。でもかろうじてプラスを維持して終了致しましたので、これで、3年5ヶ月(41ヶ月)連続月間利益プラスの記録は維持して終了できました。

11月度は、月初こそ圧倒的な利益金額を継続的に確保できたものの、中旬から月末まではドローダウンの状態が継続し、月初に溜め込んだ大きな利益を吐き出してしまいました。半月以上の連続的なドローダウンはずっとxBidの自動売買を継続してきて初めての経験でした。

私が一度も変えること無く使用し続けている初期設定値では、このドローダウン期間中の様に、相場の動きとして、比較的上下幅の少ない動きを繰り返し、寄値と引け値との差があまり開かない、といった相場状況を最も苦手とする設定値です。
過去にも似たようなドローダウン期間はありましたが、半月以上も経験するのは今回が初めてでした。
もし、11月度の売買実績がマイナスを付けたとしたら、12月からは何らかの変更を行おうと考えていましたが、最終的にはプラス利益で終了しましたので、12月度も重要4初期設定値は変更しないで継続する事と致しました。

さて、来年1月から、この1億円ブログを正式にスタートさせます。
初期設定値をどのようにするか(今まで通り1つの普遍初期設定値でやるのか、或いは、複数の初期設定値を並行してやるのか、はたまた、相場の大きな流れを見ながら複数初期設定値を変えながらやるのか)や初期の証拠金額、売買枚数、など
具体的にはまだ現時点では最終決定していません。
皆様方と一緒に売買を行っていくのに最適な方法を考えていますので、今暫くお待ち下さい。 決定次第この辺りを具体的にお知らせ致します。

現時点で濃厚な案としては、私と妻のID2つを使用して、これまで40ヶ月間ずっと途切れること無く、異なる初期設定値でのデータを取り続けてきた蓄積がありますので、これらを利用して、「逆張りゾーン」「順張りゾーン」「中間ゾーン」用の異なる3つの初期設定値を相場の変化に合わせながら交換採用していく方法を採るのが皆様方と一緒に売買を行っていく際の事を考慮しますと最適ではないのかな、と考えています。
その際、初期設定値を変えるタイミングは私が独自に判断いたしますが、これを事前に公開するのではなく、変更を行って数日後に「、、、設定値を変更していますよ、、、」的に運用していこうかな、と考えたりしています。 マーケットインパクトを考慮しながら、です。
なるべく、皆様方の利益を損なわない方法で、且つ、参考にして頂くのにベストな方法を考えているところです。

この様な事を考えていますが、ユーザーの皆様におかれましては、どうか開始前最後の12月一ヶ月間を利用して、上記3つの異なる売買ゾーンで皆様方独自のベストと思われる重要4初期設定値の確定作業を行って頂きたいと思います。

xBidの自動売買導入初期では全く焦る必要は無いと思います。 先は長いです。

導入初期段階では、「xBid設定値解説書」や「xBid検証ファイル説明書」などをご利用になり、ご自身独自のベスト初期設定値を確定する作業を優先して行って頂くことが重要だと思います。ご自身なりの初期設定値が確定できたら、次に大切な事は、データ取りを継続する事です。 統計心理学応用の重要な基礎データとなります。この蓄積があれば、この先必ず訪れると考え得る「相場の大きなパラダイムの変化」に素早く、安全に適合出来る事が出来ます。

これからも、xBidを安全にご試用頂く事を第一に念頭において都度メッセージの配信を行ってまります。

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました