MENU
未分類

まず「DEMO」で動かしてみましょう

Gohan

※ご理解いただきたいコト・ご注意

「DEMO」の場合と「本番」の場合では、下記理由により判定結果に差異が生じる場合があります。

  • DEMOの場合は寄付き価格で“判定”をします。
  • 本番の場合には設定した「新規注文時刻」+「判定継続時間」の間に板情報から判定して注文します

①DEMOの目的

実際の取引の前にDEMOで動かすことで下記の確認と、理解を深めるコトができます。

  • 正常にセットアップできているか動作確認
  • 必要余力(資金)と取引可能ペアの確認(必要は銘柄毎に異なります)
  • 資金に対するリスク・リワードの関係性
  • 銘柄ペアの株価と損益の出方を肌感覚で理解
  • バランスを揃えるために、下段の枚数は自動で変化します(下図参照)

②DEMOの為の設定

この作業は引け後~翌朝6:00までの間でも大丈夫です(損益が確認できます)

  1. MarketSpeedⅡを起動しログイン
  2. ※図ーA:EXCEL側が接続状態になっているか確認してください(未接続なら接続してください)
  3. 銘柄ペアを「証券コード」欄に入力しておきます(この時株価が高い銘柄を上段に、低い銘柄は下段にセットします)
  4. ※図ーB:MODEは「DEMO」にしておきます
  5. 「START」を押します
  • DEMOの場合は引け後や夜間に損益を確認するだけにも使えます(夜に起動してもOK)
  • 現在は「基本注文株数」は100株に固定されてます。300株取引する場合には表示される損益に×3してください。
ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました