MENU
岡三RSS

岡三RSSで株取引するための証券コードの入手方法

Gohan

介護の用事で、しばしば長野市に行ってます。

雪が沢山で運転楽しい~景色綺麗!!☃️

 

さて岡三RSSで株取引する際、関数で証券コードを一発取得できればありがたいと思うのですが、現在それはできないのです(日経平均構成銘柄のコードは取得できます)

なので、私はこのようにしています。

 

岡三RSSで株取引するための証券コードの入手方法

※ちょっと面倒ですので、覚悟の上、、(笑)

1)EDINETからデータをダウンロードする

EDINETは金融庁が運営する「有価証券報告書などの開示書類を閲覧するサイト」です。

ボタンの遷移先の最下部からCSVファイルをダウンロードします。

ETFも取引したい方は、下段のファンドコードリストもダウンロードします。

  

2)「国内法人・組合」「上場」だけに整理する

並べ替えして、「B列」で国内法人・組合、「C列」で上場だけに整理します

そしたら、法人名・業種・証券コードなど必要な項目だけ残し整理しちゃいましょう。

  

3)LEFT関数で仕上げる

「証券コード」は4桁ですが、なぜかEDINETでは5桁の表示です。取引する場合には最後(一番右)の数字は余計なので削除します。

=LEFT(C3,4)

などの関数です

=LEFT(C3,4)・・など

   

手順はこんな感じです。

実はこのままだと下図のように仕上げた証券コードの緑▼のエラー表示がでていて「数字のように見えても文字」の状態ですが、岡三RSSではこれでもチャンと読み取ってはくれます。

しかし気になるので私は、

=VALUE(A3)

などの関数で数字に変換して仕上げています

  

上場廃止や新規上場銘柄などがあり、証券コードは変化していきます。

こんな感じで岡三RSSで株取引するときの証券コードは入手しています。

  

ご自分で作成が面倒な方は下記からダウンロードできます

ABOUT ME
かぶ自動化LAB
かぶ自動化LAB
代表 三澤
2005年から日経225先物株取引を自動化しています。現在は楽天RSSⅡで日本株・ETF・株価指数先物の自動取引システムを考案からシステム制作まで一貫してやってます。コレがめちゃ楽しく、日々研究を重ねながらシステム制作&取引をとても楽しくやらせてもらってます!
記事URLをコピーしました